肩にズーンと響く肩こり、何だか気になって仕事に集中できない!という人もいるのでは?(^^;

もしあなたがパソコンを長時間使うような環境にいるのなら、肩こり解消に、ホットアイマスクがおすすめかも!

「ホットアイマスクで肩こり解消!?」

と疑問に思った方!
この後その理由などをお伝えしていきますね(^^)

まずは肩こりの原因と予防方法からお伝えしていきますね。

肩こりの原因は主に2つ!

肩が凝った時に、肩を手で揉んでみたり、マッサージに通うことも効果的なのですが、それは一時しのぎに過ぎません(^^;
もっと根本的な解決が必要なんです!

肩こりの原因は、「肩周りの筋肉の血行不良」「目の疲れからの影響」が原因だと言われています。

〈肩こりの原因1〉肩周りの筋肉の血行不良

パソコンを長時間扱う人は、前傾姿勢のまま、基本的に同じ姿勢で作業している人が多いのではないでしょうか?

頭の重さは身体の約10%と言われています。
直立している状態ならさほど重くないかもしれませんが、前傾姿勢の場合を想像してみてください。
肩周りの筋肉がガチガチに緊張(力が入って)して、頭を支えているのが想像できますよね・・・

その結果、緊張した筋肉は血液を運べずに、血行不良を引き起こしてしまうんです。

つまり血行不良→肩こりに繋がるというワケですね(^^;

ホットアイマスクで血行不良を改善

肩周りの筋肉の血行不良の予防には、同じ姿勢にならないように定期的に身体を動かし、血行を促進してあげることが大事ですが、ホットアイマスクを使った改善方法もありますよ!

血行を促進するには、身体を動かすという方法以外に「副交感神経を活性化させる」という方法があります。

そして、目には「動眼神経」という副交感神経の役割も担っている神経があります。
副交感神経は温めると活性化するという特徴があるので、ホットアイマスクを使って目を温めると、「副交感神経を活性化」し、肩こり改善に役立つというワケですね(^^)

お昼休みや就寝時などのリラックスしたい時にホットアイマスクを使ってみましょう!

〈肩こりの原因2〉目の疲れからの影響

長時間パソコンを凝視するような状況だと、目が疲れてきますよね(^^;
実は目の神経と肩の筋肉はつながっていて、目が疲れるとそのまま肩のコリとして現れるんです。

ホットアイマスクで目の疲れを解消

もちろん目の疲れにもホットアイマスクはとても有効です。
目を温めると筋肉がほぐれていくので、積極的に使いましょう!

オフィスでも使えるホットアイマスク

ホットアイマスクは就寝時などに使うだけでも効果を発揮しますが、ひどい肩こりを抱えている人は、オフィスでの昼休みなどにも使いたいですよね。

忙しい人だとなかなか時間が取れないため、オフィスで使うときはすぐにサッと取り出せる「使い捨てタイプ」のホットアイマスクがおすすめですよ(^^)

でも、頻繁に使うと、使い捨てはもったいない気が・・・・

そんな時に使いたいのがUSB充電タイプのホットアイマスク!

おすすめは「ルルド めめホットチャージ」です。

ルルド めめホットチャージは充電して繰り返し使えるので、お財布にも環境にも優しいホットアイマスクなんです!

すぐに使える!

同じように繰り返し使えるもので「レンジで温めるタイプ」のホットアイマスクもありますが、そもそもオフィスでレンジが使えない人も多いと思いますし、使えてもオフィスでは、そんなことをやっている時間も惜しいですよね(^^;

ですから、ポチッとボタンを押すだけですぐにジワジワと温まる「ルルド めめホットチャージ」はとてもおすすめなんです!

10分で自動停止

家などでじっくりとホットアイマスクを楽しみたいという場合は、10分間で自動停止する機能がついているので、つけたまま眠ってしまっても安心ですよ(^^)

10分間はホットアイマスク、それ以降は普通のアイマスクと同じ感覚で使えますね!

ルルド めめホットチャージの詳細はこちらから確認してくださいね!

詳細を見る